アウトドアや、車中泊に役立つ家電製品を使いたい時のしくみを見てきました。

アウトドアや、車中泊に役立つ家電製品を使いたい時のしくみを見てきました。


東京キャンピングカーショー2014で、見てきたオンリースタイルにおいて、独自のバッテリー充電器内蔵のマルチインバーターや、リチウムイオンバッテリーを使うことで、何度も充電できて、充電時間を短縮するための装備、マルチチャージャーなど、実際会場内で、電気を作っているのを見ることができました。

よくお祭りなどで、見かける電気を作る動力は、ガソリンを使ったものが多いので、音が大きいのが印象的です。

取り扱いも気を付けないといけないので、素人の私などは、扱いにくいと思います。しかし、オンリースタイルの場合は、マルチインバーターで感じたことですが、バッテリー充電器内蔵されていたり、突然の停電などで、電気がストップしてしまってもUPS機能が付いているので、電気製品を安心して動かせます。

UPSが付いているだけでも、私は、万が一でもパソコンでうまく使うことが出来たら、いいのでは?と感じました。

パワーインバーター3000

(写真は、パワーインバーター3000Wです。)

使いたい電気製品の用雨量をよく確認して、使いたい容量に合わせて準備すると良いです。

マルチインバーターは、600W、1000W、2000Wが用意されています。

リモコンを使えば、手元に機器を置いていないときに、ささっと使えるので、便利です。テレビなどのチャンネルを操作するかのように離れた所からも、操作できるのは、魅力です。

パワーインバーターは、1500Wと3000Wが用意されています。

大きな電気製品まで対応できるので、クーラーや、ドライヤーなど使うなら、パワーインバーターは、必要ですね。

リチウムイオンバッテリーで

リチウムイオンバッテリーは、500Wh(40Ah)、1200Wh(100Ah)、2500W(200Ah)、
              6400Wh(500Ah)

一般的によく聞くバッテリーは、鉛のバッテリーが多いと思います。

リチウムイオンバッテリーの魅力は、長寿命であったり、軽量さであったり、ラン二ングコストが安いというところに魅力があります。

また、リチウムイオンバッテリーは、スペースの狭いところでも、並べ替えて連結することで、スペースの有効活用できるそうです。

マルチチャージャー50Aの魅力は、リチウムイオンバッテリーを急速充電できるところです。

電気は、使っていくうちに温度が高くなりますが、この機器は、充電電流を調整して、なバッテリーを保護してくれます。
充電しすぎないように調整してくれる優れものです。

安心して使えるような機器なので、私でも使えそうだと思いました。

電気一つ作るのに、安心して使えるように、それぞれの機器の特徴を活かして、アウトドアや、車中泊を快適にしてくれそうです。

音が静かなので、寝ている時の妨げにならないというところも魅力です。



221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム