車中泊専門店で購入した、マットとまくら届きました。

NO IMAGE


車内で快適に過ごせるマットとまくら、車中泊をする方も増えているとか。。。

私も仕事の休憩中に、車の中で休憩するのに役立ちそうな車中泊のマットとまくらをさっそく注文しました。

注文したタイミングも良かったのか、注文の翌日に届きました。早っ!!と思いつつ。こんな感じで届きました。

車中泊マットと枕

 箱が長いのと小さいのと、一緒になって届きました。お届けが早くて驚きました。早めの対応に感謝です。

車中泊マット1

車中泊マットは、でかいし、意外と重いなというのが第一印象でした。そして、まくらの方は、小さいなという印象です。

ホームページで見ていたものと、実際注文して実物を見ると、想像していた以上な感覚がありました。第一印象は大きさに衝撃的なものを感じました。大げさかな(笑)。。。

車中泊まくら

説明書きに、届いたら実際使う前にマットを広げて空気を入れてみてくださいと書かれていましたので、届いたその日に、広げてみました。

一度広げることで、実際使うときにも時間の短縮になるのだそうです。なるほど、早速広げてみました!!

広げたマット

空気が入っていない状態だと、こんな感じです。初めてマットに空気を入れると、時間がかかるということで1時間くらい置いてみました。

空気が入るマット

 写真にある空気バルブを開けると空気が自然に入っていって膨らみます。バルブは2か所あります。開けると少しずつですが、膨らんでいきます。写真の厚みは約5cmくらいかな。。。

これで約10cm膨らみました

 この厚みが約10cmです。最初なので、1~2時間くらいほったらかしにしていました。バルブをしめれば、マットに寝転がれます。硬さは、さらに空気を入れればいいそうですが、あまり膨らませ過ぎても大変なので、実際車の中で使うときに調整することにします。

説明書きにもありましたが、一度膨らませておけば、次回利用時は、比較的早く膨らむと思います。

まくらはマットに比べ小さいサイズということもあって、ふくらみはわりと早いかなという印象です。

まくら

まくら広げて

まくらも空気が入る前はこんな感じです。バルブを開けて空気を入れるとこんな感じです。

空気が入ったまくら

まくら意外とコンパクトなので、マットより早く膨らみました。マットとまくら、車内で広げたら、どんな感じかなと思います。

マットの厚み10cmは、座席シートなどの凹んだところでも違和感ないということなので、次回記事で、実際使った感想など書いていきたいと思います。

マットとまくら

マットを収納するには、慣れと根気も必要かも。。。

くるくると、空気を抜きながら丸めていくのですが、意外と大変!!油断すると、すぐに空気が入り込んでまた膨らんでしまいます。

仕事に出かけて行ったあと妻にしまってもらったのですが、大汗かいたとのことでした。すいません!!という感じです。

女性でも、もちろん収納するのはできると思いますが、空気が入らないようにくるくると、コンパクトに収納していく作業は大変だったようです。

空気が入ったまくら

空気バルブを閉めたり開けたり、空気を逃がすやり取りに苦戦したそうです。

マットを収納

丸めたら、こんな感じになります。

収納袋へマットをしまいこみ

収納袋へ入れれば、持ち運びにも便利です。今回注文したマットとまくらは、アイテム豊富!車中泊グッズはオンリースタイル!で、見つけました。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。




2014年6月27日記事を更新しました。