東京モーターショー2015に行ってきました。

東京モーターショー2015に行ってきました。

東京モーターショーが、2015年10月28日から、11月8日まで、東京ビックサイトにて開催されました。

私は11月4日に、行ってきました。

モーターショー2015入口

テレビや雑誌などでも東京モーターショーについてご紹介されていましたが、実際みて見るのが一番!!と、そんなおもいから、行ってきました。

私が一番に見たかったのは、自動運転システムのクルマです。

クルマの運転を自動で、出来るなんてすごいな!!

昔見た映画のような未来のクルマみたいです。

それに前回のモーターショーで見た、水素自動車や、電気自動車などが、どんな感じになっているのか?気になるところです。

環境にやさしいエネルギーを使った車であったり、クルマの運転を、自分でしなくても良い?自動運転になる時代がくるのか?と思うと、すごいな!!と感じます。

トヨタMIRAI

水素ステーション

水素で走るFCV。写真は、トヨタMIRAI そして、水素を充てんできるステーション。

1.79kgで、1790円と表示されています。

これが安いのか?高いのか?実感がないので、よくわかりませんが、普及すれば、きっと街の至る所に、ガソリンスタンド用に出来るようになるといいですね。

そのための法制度であったり、安全面や経済面などといった部分など、今後に期待するところです。

トヨタ水素ステーションについて、トヨタのWEBサイトで、紹介されていました。

トヨタのWEBサイトで、試乗車についても紹介されていました。実際、乗ってみたくなりました。

購入は、難しいとは思いますが、水素で動くクルマが、どんなものか?興味がわきました。

MIRAIの水素充填する部分

水素を充填する口が、ガスのホースとつながる部分に似ていますね。

クルマの電動化と自動運転化を実現させる、完全な自動運転の日産のコンセプトカーIDSも写真に収めることができました。

日産IDSコンセプトカー

この自動運転車に私が期待するところは、事故が少なくなることに期待です。

よそ見運転であれ、うっかりした事故ということが起こりうるのが、人の運転によるもの。

その認識が、クルマが、事故の回避であったり、安全に走行できるようになれば、もしかしたら、運転免許を持たない人でも、運転手のいないクルマに乗ることができるかもしれません。

飲酒運転は、絶対にやってはいけない行為ですが、そんな飲酒をした方が、自動運転のクルマに乗っていたら、どうでしょうか?

あまり良いことではないにしろ、飲酒運転をなくして、安全なクルマ社会になることもあるかもしれません。

年齢に関係なく自動運転ができたら、うっかり居眠りしていたとしても、安心かもしれません。

なんだか、クルマを持つ人が、ダメ人間にしてしまう?そんなこともあるのかもしれませんが。。。。

クルマを運転したくても出来ない人にとってみれば、きっと救いの神ならぬクルマというところになるかもしれません。

何かしらのルールは必要になるかも知れませんが、自動運転の技術というのは、とてもよいものだと私は思います。

今後のクルマは、もっと安全に、もっと気軽に乗ることができればよいな!!と思いました。

お年寄りも増えていく時代に、なっていくといわれていますが、そんなときにも、自動運転のクルマがあれば、目的地まで、安全に安心して、目的地までいくことができると思います。

いろいろと想像すると、ワクワクしました。